FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みくこ

Author:みくこ
共働き子なし夫婦の嫁やってます。
母子家庭出身。貧乏経験長し。

●家族構成:夫氏、ねこ1、ねこ2
●仕事:土日休みの正社員
(定年まで働くことが目標)
●趣味:お金、料理、ベランダ菜園
●資格:フードアナリスト(初級)、料理検定3級、FP3級

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Join

ブログランキング・にほんブログ村へ

サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の目標(改)と、預金額公開。

2017.03.10 06:00|┣お金のはなし
旅行記の途中ですが、今年の目標(変更後)がまとまったのでpostします。

-----------------------

○今の生活、家族を守る
○そのためには、自分も健康でいる(悪い部分を治すために病院にちゃんと通う!)
○仕事と家事の両立に煮詰まっても、できるだけ心穏やかに過ごす
○2週に1回はお菓子作りをする
○地味に転職活動を再開する
○FP2級取得
○料理検定2級取得
○その他、興味のある勉強は積極的に行う
○投資資金を投資で増やす。目標はプラス5まんえん
○奨学金の繰り上げ返済、50まんえん分くらいはできたらいいな・・・
○銀行預金を200万円に(2020年までに) NEW!!

-----------------------

お恥ずかしながら、わたしの貯金スタートは30歳からです。
本当にスロースターターですよね。むねん。

学生時代は学費集めのためのアルバイトに明け暮れて、
20代では無理な転職や引っ越しを繰り返し、
(いや、今思えば無駄使いもかなり多かったのですが…泣)
さらに、親戚に借りていた学費の借金を返済し……

と、資産は常にマイナスを推移していました。

そしてギリギリ30歳を目前に結婚。結婚式費用や新生活費用の出費もありましたが、
ここでようやくお金について本気出して考えられる余裕が出てきたというわけです。
(こんなわたしと結婚してくれた夫氏には本当に感謝しかない。。)

30歳からは貯金と平行して、株や投信、国民年金保険料の追納、
奨学金の繰り上げ返済などを行ってきました。FP3級の勉強をはじめたりと、
知らなかった知識を吸収するために色々と手探り状態ですね。
このときは、「負債をなくしてゼロ地点に立ちたい!」という気持ちで突き進んでいました。

そして、追納できる期間のねんきん支払いは終わり、残る負債は奨学金のみ。
「よーし、35歳までにすべて返納しちゃうぞー!」と意気込んでいたのも、
奨学金に対してよい思い出がまったくなく、さっさと忘れてしまいたいという思いから。


でも、今年だけでもFPの個別相談、確定拠出年金のセミナー、
ほけんの窓口での保険相談2回を経てきて、
わたしの場合はまず、手元の預金を十分確保することが優先事項だということに
この歳になってようやく気がつくことができました。

証券口座での運用額、定期預金、確定拠出年金、退職金積立、家賃積立などを除けば、
現在の預金は20万程度
ああ~言ってしまった。31歳のリアル預金総額。。
少なすぎるということは重々承知です。
預金額をもっともっと増やしておくべきということはわかってはいたんですが、
月々決まった額は貯金していたので、このまま続けていけばいいかと思っていました。

よく言われているのは、1~2年分の生活費は手元に置いておくべき云々ですよね。
たとえば今働けなくなった場合、20万では1か月しか生きていくことはできません。。


60歳まで引き出すことのできない確定拠出年金や、これから加入する確定年金型保険、
投信積立などは、今から転がしておくべきスノーボールなので引き続き続行。

一般的に利息が低いとされている奨学金の繰り上げ返済は、あとまわし!
貯金している間にも返済は毎月続くし、繰り上げ返済をはじめられるころには
今より36か月分くらいは減っているはず。


そしてまず、貯金貯金貯金!
月々の奨学金返済や運用額を差し引いても1年に65万は堅いと思う…ので、
まず2020年までに預金200万円を目指してみます。
31歳の目標にしては驚かれてしまうかもしれませんが……
これがマイナススターターの現状です。

世のお母様方、子どもがこういう状況に成りうる未来から目を逸らさずにいてくださいますよう。
せめて親が子どもの資産に手をだすことだけは避けてほしいと願う子ども代表です。(31歳ですが)


というわけで早々に変わってしまった今年の目標についてでした(*´`*)

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ

にほんブログ村 OL日記ブログへ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ


スポンサーサイト

テーマ:ライフプランニング・資金計画
ジャンル:ファイナンス

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。